Home >矯正治療の流れ
矯正治療の流れ。高橋矯正歯科における、矯正治療における初診相談から治療、また治療後の保定期間までの一般的な流れをご紹介します。まずはお気軽に、歯並びや咬み合わせについてのお悩みをお聞かせください。

矯正治療は、数ヶ月~数年にわたって行う長期的な治療になります。健康的で審美的な口元をつくるには、当院での正確な診断や装置のセッティングだけではなく、患者様の治療への意欲と定期的な通院が必要不可欠です。
矯正治療は、一般的に以下のような流れで行なわれます。症状や使う矯正装置によって内容が異なることがあるので、詳しくはお尋ねください。

1.受付・簡単な問診票記入→2.相談カウンセリング→3.資料採り→4.治療計画の説明→5治療・通院→6.治療後の定期観察
1.受付・簡単な問診票記入

1.受付・簡単な問診票記入・院内写真

相談の方は、まず受付にて問診表に記入していただきます。問診表に基づき,歯並びや全身の健康状態について質問させていただきます。
また、当院は、患者様をお待たせしないため「予約制」を採用しております。事前に、お電話にてご予約をお取りください。

お問い合わせはこちら
2.相談カウンセリング

2.相談カウンセリング・カウンセリング風景写真

まずは、お口の中の状態を見せていただきます。それから矯正治療の流れや必要性の有無、治療方法や期間、装置の特徴、費用等をご説明いたします。
矯正治療に関するお悩みや不明点等があればご相談ください。

3.資料採り

3.資料採り・レントゲン写真

現在の不正咬合の状態を正確に把握するために、レントゲン撮影や顔写真、噛み合わせチェック、歯型採取などの精密検査を行います。これらの結果をもとにより詳しい診断・矯正治療計画を立てます。

4.治療計画の説明

歯の模型や検査結果をもとに、患者様にあった矯正治療計画の詳細やなどについて、詳しい説明を致します。 治療方法や装置のメリットやデメリット、治療計画、費用に納得、同意いただきましたら、確認書にサインを頂き、これから治療を進めて行くお約束を確認します。

5.治療・通院

5.治療・通院・治療風景写真

症状別の治療方針や歯の動き具合を考慮しながら、装着していきます。ワイヤーの交換や矯正装置の調節をしながら徐々に歯を動かしていきます。
また、来院ごとに歯磨きの練習や歯のクリーニング(PMTC)を行い、虫歯や歯周病の予防をしながら治療を続けていきます。
治療期間は患者さんの状態によって異なりますが、小児では永久歯が生え変わって、咬み合わせの状態が安定するまで行います。

6.治療後の定期観察

6.治療後の定期観察・マウスピース矯正装着写真

歯が正しい位置になり、患者様が満足いく状態になりましたら装置を外します。しかしながら、矯正装置をはずした直後は、歯が矯正開始前の状態に戻ろうとしますので、取りはずし式の保定装置を使用していただきます。
矯正治療がすべて終了した後も、経過観察に受診をおすすめしています。キレイな歯並びと口内環境を、末永く維持していただくために治療後もぜひご来院ください。

Copyright© 2015 Takahashi Orthodontic Clinic All Rights Reserved.