Home >矯正について

矯正について

矯正治療に用いられる装置には様々な種類があり、一人一人歯の状態や治療開始時期や治療方針によって最もよいと思われる装置を選択して治療を進めてまいります。

目立たない矯正 表側矯正(唇側矯正)

目立たない矯正 表側矯正(唇側矯正)模型写真

矯正治療では、金属製の目立つ装置が主流でした。しかし最近では、審美性の高い様々なタイプの装置が登場し、かなり目立ちにくくなっています。表側からの矯正治療には、金属ではなく、透明なブラケットと審美的なワイヤーを始めとする目立たない矯正装置をご用意しております。
従来の金属装置のようなギラギラ感がありませんので、装着していてもほとんど目立ちません。

目立たない矯正 マウスピース矯正

マウスピース矯正装着写真

矯正装置をつけること自体がダメという方のために、取り外しができるマウスピース矯正(インビザライン等)を導入しております。
マウスピース矯正とは自分の歯型に合わせ作った取り外し式の透明なプレートを装着し、歯の動きに合わせて装置を交換し、少しずつ歯を動かしていく治療方法です。 1日20時間以上装着することにより歯に力を加えて動かします。
自分で取り外し可能、しかも快適で、日頃の多忙なライフスタイルにも支障がありません。自分で簡単に取り外し可能なので、食生活もこれまで通りです。歯磨きやフロスにも全く影響がないので、歯と歯周組織をこれまで通り健康に保つことができます。
※マウスピース矯正はすべての症例に適応するわけではありません。詳しくはお問い合わせください。

目立たない矯正 裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正(舌側矯正)模型写真

裏側矯正(舌側矯正)とは、通常の矯正では歯の表側に付ける矯正装置を歯の裏側に付けることで、矯正治療中であることを回りの人に気づかれずに行える治療です。透明な装置やマウスピースでも、治療中も周囲の人から、目立たずに治療を進めることが可能ですが、職業上装置が見えると困る方々のために、裏側矯正(舌側矯正)による治療も選択可能です。



お問い合わせはこちら
Copyright© 2015 Takahashi Orthodontic Clinic All Rights Reserved.